12
11月

不動産と担保とローンの関係について

コメントは受け付けていません。

不動産担保ローンの専門情報を纏めてみました。

大方の人にとって不動産とは高額なもので購入にはローン、つまり分割で代金を支払います。

しかしここには大きな落とし穴があります。

実はローンには手数料と称して代金とは別に高額な金利が発生します。

ローンとは言い換えれば負債、つまり人から現金を借りている状態と同じなので、そこに金利が発生すると言う仕組みなのです。

多くの人はこの金利手数料を返すために無駄にコツコツと働いて給料を稼いでいるのです。

もう一つの落とし穴として担保があります。

担保とは、上記のローンを完済出来なかった場合に、その額と見合う代わりの「物」を用意すると言う、合理的なシステムがあります。

資産を活用する不動産担保融資が一般によく知られていると思います。

合理的とは言え、中には自身の命を担保にしてしまう犯罪まがいの実例もあるのかないのか・・・まるで原始時代の産物のようです。

この担保、上手く使うことで得にも損にもなります。

借り手が得をすれば貸し手が損をする、貸し手が得をすれば借り手が損をする、当たり前ですが、この法則を利用して逸脱しない限界で出来るだけ得する担保物件を用意するのも賢いローンの組み方と言えるでしょう。

しかし出来る限り、このようなものを使わずに現金払いで済ませる努力をした方が良いに決まっています。

一般人にとって人生最大の買い物である不動産や住居も努力次第では現金で購入出来ます。

Comments are closed.